「いますぐ役立つ知識」が学べる 認知症予防大学

「いますぐ役立つ知識」が学べる認知症予防大学

認知症にならない人生は、
健康なうちから始める
予防習慣」が決め手、す。

二〇二五年には患者数七百万人、とされる認知症。
だれもが他人事ではないこの病にかからないために
役立つ「予防習慣」の知識を、徹底的に紹介します。

二〇二五年には患者数七百万人、とされる認知症。
だれもが他人事ではないこの病にかからないために役立つ「予防習慣」の知識を、徹底的に紹介します。

総力特集!

認知症予防のための“定期検査”が
出来るって、ご存じですか?

脳も“定期検査” する時代です
【取材協力:脳活性総合研究所(クレディセゾングループ)】

65歳以上の4人に1人がかかると言われる認知症は、早期発見が何よりも肝心。なのに、がん検診や人間ドック、歯科検診に行く人は多くても、「脳」の定期検査をしている人はごくわずか。そこで今、“認知症手前の症状”をすばやく発見できる定期検査、『脳検』が注目を集めています。さっそく、脳検についてくわしく調べました。

イメージ
イメージ

認知症予防テーマ01

今日からできる認知症予防
毎日続けたい
「食事」習慣

認知症予防の基本は、健康的な生活習慣。中でも最も重視されているのが、食習慣です。認知症予防を意識した日々の食事方法について、日本の認知症・アルツハイマー病研究・診断・治療の第一人者である、本間昭医師に伺いました。

本間昭医師

「毎日続けたい食事習慣」
記事監修

日本認知症学会名誉会員
お多福もの忘れクリニック 管理医師
本間 昭 医師

認知症の発症リスクを大きく引き上げてしまう『生活習慣病』や『メタボ』を防ぐためにも、無理のない範囲で習慣化したいのが、運動。認知症予防に効果的なシニア世代の運動習慣ついて、健康運動指導士の中西崇さんに伺いました。

中西崇氏

コンテンツ監修

健康運動指導士・介護福祉士
ケアパートナー飯山満 センター長
中西 崇 氏

一口に「運動」といっても、認知症予防のためには、どんな運動を心がけたらよいのでしょう。認知症と運動の深い関係から、おすすめの有酸素運動、手軽にできる「ながら運動」まで紹介します。

有酸素運動の中でも、とくに比較的始めやすく、シニア世代でも体に負担が少ないのが、ウォーキングです。ウォーキング時に意識したい正しいフォームや注意点についてまとめました。

認知症予防のためには、一時的な運動ではなく、習慣化することが重要。しかし、いきなりハードな運動を始めてしまうと、心身ともにつらくなってしまいがち。長続きさせる工夫を紹介します。

せっかく運動を始めても、自身の体に合わない運動方法をしてしまうと、結果的に体に負担がかかってしまいます。シニア世代が運動する際に、特に気を付けたいポイントについて解説します。

認知症予防テーマ03

疑問と不安を解消
認知症予防Q&A

「認知症」という病気について、漠然とは知っていても、詳しいことまでは知らない方も多いかと思います。ここでは、認知症や認知症予防に関するよくある疑問を、医師監修の元でまとめました。

Q&A各記事ごとの監修

菅原道仁医師

日本脳神経外科学会専門医、
日本抗加齢医学会専門医

菅原脳神経外科クリニック院長

菅原 道仁医師

伊藤幹彦医師

日本医師会認定産業医、
日本循環器学会認定循環器専門医

伊藤メディカルクリニック院長

伊藤 幹彦医師

小川惇郎医師

日本糖尿病学会糖尿病専門医、
日本内科学会総合内科専門医

白金台おがわクリニック院長

小川 惇郎医師

認知症予防テーマ04

認知機能の状態を知る
「認知症検査」の
種類と方法

認知症検査は、自分自身で気軽にチェックできるものから、医療機関で専門の設備を用いて行われるものまで、さまざま。症状のレベルなどに合わせて、適切な検査を選ぶ必要があります。

認知症検査の種類

早期発見につながる

「セルフチェック
検査」

セルフチェック検査
「まだまだ元気だけど、最近少し物忘れが増えてきた気がする…」と思う方は、自宅のパソコンでできる、認知機能検査を行ってみましょう。最近は本格的な検査サービスも登場し、精度の高いテスト結果を知ることができます。

医療機関で受けられる

「発症リスク
検査」

発症リスク検査
医療機関では、血液検査などを通して、将来的に自分が認知症になりやすいかどうかを調べることができます。自分もいずれ認知症になるかもしれない…と不安な方は、一度チェックしてみるとよいでしょう。

認知症かどうかを診る

「問診・
神経心理検査」

問診・神経心理検査
主にもの忘れ外来やメモリークリニックなどの医療施設では、専門医による質問に答える問診や、専門的な評価テストである神経心理検査などを受けることで、「認知症かどうか」を診断してもらうことができます。

脳の萎縮や
血流の状態を調べる

「画像検査」

画像検査
設備の整った医療機関で行われる認知症検査の画像検査方法には、MRIやCT、SPECTといった複数の種類があります。それぞれ、脳の萎縮や脳血管障害の有無、脳血流など、脳機能の状態を視覚的に見ることができます。

認知機能の低下を早期発見する
「脳の定期検査」も注目。

脳の定期検査

医療機関では、専門的な設備や知見ある医師による問診などで、自身の脳の状態を知ることができますが、基本的には「認知症か、そうでないか」を調べるもの。しかし、基本的に認知症は「なってしまってからでは遅い」のです。
そこで、健康なうちから認知機能の状態を定期的にチェックできる「脳の定期検査」が注目を集めています。検査の内容や受検方法などについて、くわしくまとめました。

認知症予防テーマ05

認知症の発症率を高める
リスク要因まとめ

認知症は突然発症するものではなく、実は20年も前からその兆候は始まっていることをご存じでしょうか。認知症は生活習慣と大きな関わりがあるとされており、生活習慣病や不規則・不健康な生活行動による影響が、認知症を引き起こす原因のひとつになるのです。

高血圧と認知症
高血圧と認知症

気づかぬうちに発症していることが多い高血圧。慢性的に血管に負担がかかっている状態の高血圧と認知症は、どのような関係があるのでしょうか。

糖尿病と認知症
糖尿病と認知症

数ある生活習慣病の中でも、とくに認知症との関わりが深いとされているのが糖尿病です。なぜ、認知症を引き起こすリスクが高いのでしょう。

ストレスと認知症
ストレスと認知症

ストレスは生活の中で少なからず感じるものですが、慢性的なストレスは認知症リスクを高めるとされています。ストレスが脳に及ぼす影響を解説。

メタボと認知症
メタボと認知症

様々な病の元凶ともなる、メタボ(内臓脂肪症候群)。とくに認知症の前段階とされる軽度認知障害の発症率は、メタボでない人の1.46倍です。

うつ病と認知症
うつ病と
認知症

若い世代に多いとされてきたうつ病ですが、近年は中高年の患者数が増えているうつ病。うつ病も、認知症発症の要因のひとつとされています。

タバコ・喫煙と認知症
タバコ・喫煙と
認知症

タバコに含まれるニコチンには血流を低下される作用があり、脳にも影響があるとされています。また、周囲の人へも影響してしまう点が難点です。

難聴と認知症
難聴と認知症

加齢とともに、耳が遠くなる人は多いですが、聞こえにくさを放置してはいけません。難聴と脳機能がなぜ関係があるのか、詳しく解説します。

認知症予防習慣を持つと同時に、認知症についての正しい知識も持ちましょう。認知症について理解することで、より効果的な予防対策を行うことができるはずです。また、身近な認知症の人やその家族を支えるヒントにもなるかもしれません。

認知機能低下を早期発見する
“脳の定期検査”『脳検』とは?

「脳検」とは?

『認知症予防』のために、
今すぐ始めたい新習慣!

認知症は、誰もが発症するかもしれない脳の病気。早期発見できれば改善の希望が持てるのですが、初期症状ほど気づきづらく、異変を感じて医療機関を受診する頃には、回復が難しくなっているケースが多いのです。
そのため、今注目されているのが、「認知機能の定期検査」が叶う“脳検”です。スマホやパソコンから手軽に受検ができ、自分の認知機能の状態を定期的にチェックすることが出来るサービスで、万が一、脳の認知機能になんらかの異変が出た場合、テスト結果からすぐに気づくことができる優れもの。1か月(30日間)無料体験ができ、継続する場合は半年間何度でも受検できて6,980円。脳ドックなど他の脳検査と比較してもリーズナブルなので、続けやすいのもポイントです。
尊厳を持ち、一生自分らしく生きるために、がん検診や人間ドック、歯科検診と同じように、脳も定期検査する習慣を始めましょう。