「いますぐ役立つ知識」が学べる 認知症予防大学 » 認知症とは何か? 認知症の基礎知識 » 認知症の中核症状と周辺症状
  

認知症の中核症状と周辺症状

様々な認知症の症状とは?

認知症の症状には「中核症状」と「周辺症状」と呼ばれるものがありますが、どういった違いがあるのでしょうか。ここでは認知症の基礎知識として知っておきたい、中核症状と周辺症状について詳しくまとめてみました。

認知症には中核症状と周辺症状がある

認知症の症状には、大きく分けて中核症状と周辺症状の2つがあります。

中核症状

中核症状とは、思考・判断といった人間ならではの高次脳機能に関わる機能の障害。
認知症のタイプによって目立つ症状は異なりますが、認知症患者なら誰にでも現れる症状となっています。

代表的な中核症状は、物忘れをはじめとする記憶障害。アルツハイマー型認知症では、ほぼすべての患者に記憶障害が認められます。
そのほかにも、場所や日時を把握できなくなる見当識障害、判断力障害、実行機能障害、失認・失行・失語といった症状が挙げられます。

周辺症状

周辺症状とは、中核症状に付随する形で生じるもの。中核症状と周辺の環境・もともとの性格などが影響し合い、二次的に生じるのが特徴となっています。

この周辺症状には、行動症状と心理症状があります。
行動症状として見られるのは、徘徊・多動、暴言・暴力、無為・無反応、不潔行為、食行動・性行動異常。
心理症状として見られるのは、うつ、アパシー、不安・焦燥、妄想、誤認といった症状です。

行動症状・心理症状については生活環境などとの関係が深いため、それらが改善されることで症状が軽減・消失することもあるようです。

認知症の中核症状とは?

認知症の中核症状には、以下のようなものが挙げられます。

記憶障害

記憶を司っている脳の海馬という部分に障害が起こることで生じます。記憶障害がもっとも顕著に現れるのはアルツハイマー型認知症で、新しい記憶から損なわれていくのが特徴。古い記憶はある程度保持されますが、徐々にそれも困難となってきます。

見当識障害

今現在の時間、場所、周りにいる人と自分の関係を理解する能力が低下している状態。見当識障害が起こると、今が何月何日で自分がどこにいるのか、相手が誰なのかが分からなくなったり、迷子になったりします。

実行機能障害

物事を行うための計画を立て、その通りに遂行する能力が低下することです。料理を段取りよくできなくなったり、電化製品・リモコンなどを使えなくなるといった初期症状が見られます。

理解・判断力の障害

物事を素早く理解し、適切な判断ができなくなる状態です。自動車の運転などでヒヤッとすることが多くなったり、信号を渡るタイミングを見誤ったりすることがあります。

失行、失認、失語

簡単な動作ができなくなる失行、見た情報を正しく認識できない失認、言語を理解したり表現がうまくできなくなる失語も、高次機能障害の代表的な症状です。

認知症の周辺症状である行動症状とは?

周辺症状のひとつである行動症状には、以下のようなものが挙げられます。

徘徊・多動

時間や場所が分からなくなる見当識障害や、不安・焦燥などが原因となり、あちこちを歩き回ってしまう症状です。
迷子や交通事故の危険性も高く、周辺症状の中でもとくに注意が必要とされます。アルツハイマー型認知症では初期から見られ、症状が進行するにつれてより顕著となっていきます。

暴言・暴力

脳の前頭葉の機能が低下すると、怒りを抑える神経伝達物質が減少。感情のコントロールが困難になり、家族や介護者に対して暴言・暴力をふるうようになります。
とくに前頭側頭型認知症は、ほかの認知症よりもこの症状が出やすいとされています。

無為・無反応

認知症の中でもレビー小体型認知症に多く見られる症状で、意識障害によって覚醒レベルが低下し、ぼんやりとする、物事への関心が薄れる、話しかけても反応が鈍くなる、といった症状が現れます。

不潔行為

排泄物をもてあそんだり、尿をまき散らしたりする不潔行為。これは、トイレの場所が分からなくなって排泄に失敗したり(見当識障害)、それをどうしたらいいか分からなくなる(実行機能障害)ことが原因で起こります。

食行動・性行動異常

食行動の変化には、食欲不振・食の好みの変化・嚥下障害・過食などが見られます。認知症のタイプによって、見られる症状が異なります。性行動異常は主に男性の認知症患者に見られる症状で、身近な配偶者だけでなく、介護・看護職員に対しても不適切な発言、接触をすることがあります。

認知症の周辺症状である心理症状とは?

周辺症状のうちの心理症状には、以下のようなものが挙げられます。

アパシー・うつ

アパシーとは、自分から何かをしたり、物事への関心がなくなってしまうこと。積極性がなくなり、引きこもりがちになることがあります。
うつは脳血管性認知症・レビー小体型認知症に多く見られ、気分が滅入る・ふさぎ込む・よく眠れなくなるといった症状が現れます。とくに、喜びの欠如が顕著です

不安・焦燥

認知症による記憶障害や見当識障害で、自分の置かれている状況がうまく判断できなくなると、不安や焦燥感を覚えやすくなります。イライラする、落ち着きがない、一人になるのを極端に怖がる、家族や介護者のあとをついて回ったりする、といった症状が見られます。

幻覚

現実にはあり得ないものが見えたり、聞こえたりするような状態です。とくにレビー小体型認知症では、約8割の患者に幻覚および関連症状がみられるとされています。幻覚は非常にリアルであることが特徴で、これが原因で暴言・暴力につながることもあります。

妄想

現実的にはあり得ない考えを、事実であると強く思い込むことです。とくに多いのが「物盗られ妄想」で、「誰かに財布を盗られた」「家族が自分の預金通帳を盗った」といった妄想は初期症状としてしばしば見られます。

誤認

家族などの親しい人などを、別の人と思い込むことです。見当識障害ではその人が誰なのかを認識できなくなりますが、誤認は別の人と認識してしまうのが特徴です。

参考文献

LIFULL介護(https://kaigo.homes.co.jp/manual/dementia/symptom/)

厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/seisaku/19.html)

河野和彦 監修「ぜんぶわかる認知症の事典―4大認知症をわかりやすくビジュアル解説」(成美堂出版)(※書籍)

認知症ねっと(https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_059#id4)

おすすめ記事

脳の定期検査”サービスとは?

がん検診や人間ドックのように、脳も定期検査できるって知っていましたか?『認知症の予兆』を早期発見できる新サービスを紹介。

とっておきの認知症予防レシピ

認知症予防のためには食習慣の見直しが不可欠。毎日食べたい栄養素をたっぷり含んだ美味しいレシピを紹介します。

認知症予防Q&A

認知症は遺伝する?脳トレは認知症予防に本当に効果があるの?
気になる疑問に医師が答えます。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

【取材協力:脳活総研】

脳の“定期検査”始めよう!

-令和時代の認知症予防
「脳研」とは?-

65歳以上の4人に1人がかかると言われる認知症は、早期発見が何よりも肝心。なのに、がん検診や人間ドッグ、歯科検診に行く人は多くても、「脳」の定期検査をしている人はごくわずか。そこで今、“認知症手前の症状”をすばやく発見できる定期検査、『脳検』が注目を集めています。

今日からできる認知症予防

毎日続けたい『食事』習慣

ドクター

記事監修

日本認知症学会
名誉会員
本間 昭 医師

美味しいから続く!

とっておきの
認知症予防レシピ

  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ

疑問と不安を解消認知症予防Q&A

認知症予防にまつわる疑問や不安、質問について、医師にくわしく答えてもらいました。