「いますぐ役立つ知識」が学べる 認知症予防大学 » 認知症とは何か? 認知症の基礎知識 » 【認知症の種類と特徴】
レビー小体型認知症
  

【認知症の種類と特徴】
レビー小体型認知症

レビー小体型認知症の主な
症状や治療法とは?

アルツハイマー型認知症に次いで、患者数が多いとされるレビー小体型認知症。
このレビー小体型認知症では脳がどのような状態になっていて、どのような症状が見られるのでしょうか。レビー小体型認知症についての基礎知識をまとめてみました。

レビー小体型認知症は脳がどうなっている状態?

レビー小体型認知症とは、アルツハイマー型認知症に次いで患者数の多い症状です。

まず、レビー小体とは、1912年にドイツの医師であるレビーがパーキンソン病の脳から見つけた異常構造物。
そのため、レビー小体はパーキンソン病の変性疾患であると考えられていましたが、1976年に日本の精神科医である小阪憲司氏がパーキンソン病と認知症が合併している症例でレビー小体の出現を確認。1996年に、レビー小体型認知症として国際的な診断基準が設けられました。

パーキンソン病の場合レビー小体は脳幹のみに見られますが、レビー小体型認知症の場合は脳幹はもちろん大脳皮質全体に見られるのが特徴。そのため、パーキンソン病と同じく体を思うように動かせなくなる症状が見られます。
ちなみに、アルツハイマー型認知症に多く見られる老人斑や神経原繊維変化といった異常たんぱく質の蓄積は一般的な老化の範囲内で、脳の萎縮も軽いのが特徴です。

また、レビー小体型認知症では神経伝達物質にも変化が現れます。
パーキンソン病ではドーパミン、アルツハイマー型認知症ではアセチルコリンの減少が見られますが、レビー小体型認知症ではその両方の減少が見られます。とくに、アセチルコリンの減少率はアルツハイマー型認知症よりも大きいと言われています。

レビー小体型認知症の典型的な症状は?

レビー小体型認知症で見られる典型的な症状は、幻視・記憶障害・パーキンソン症状(パーキンソニズム)の3つです。初期症状として見られるのは幻視で、記憶障害、パーキンソン症状と順に進行していきます。

幻視

繰り返し現れる幻視は、レビー小体型認知症を診断するための重要な手がかりです。いるはずのない子ども、虫、小動物といったものが非常にリアルに出現するのが特徴で、その症状はとくに夜間に多く見られます。
また、身の周りにいる家族や友人がニセモノであるといった妄想も多く見られます。

記憶障害

レビー小体型認知症の記憶障害は、新しいことは記憶できるのに、すでに覚えていることを思い出せない…といった症状が多く見られます。アルツハイマー型認知症に比べると症状が軽いため、ヒントがあれば思い出すことも多く、単なる物忘れと思われやすいのも特徴です。

パーキンソン症状

レビー小体型認知症では、パーキンソン病と同様の症状が多く現れます。その症状とは、四肢の筋肉がこわばる、運動量が減る、表情が硬くなるといったもの。パーキンソン病に多い、手足のふるえは少なめです。
また、姿勢が不安定になって転びやすくなるケースも多々あるため、日常生活では注意が必要です。

レビー小体型認知症の診断方法と治療方法は?

レビー小体型認知症では脳の萎縮があまり見られないため、CTやMRIを用いた画像検査で発見できないことが多くあります。そのため、レビー小体型認知症が疑われる場合の診断では、幻視・記憶障害・パーキンソン症状といった中核症状が見られるかどうかの問診、認知機能や実行機能について調べる神経心理学検査を行います。

神経心理学検査においては、計算や記憶といった課題よりも、時計をうまく描けないといった課題で問題が見られるケースが多々あります。
問診では、主に幻視やパーキンソン症状の有無・程度が診断のポイントとなります。

レビー小体型認知症の治療は薬物療法が中心ですが、病気そのものを治す薬はありません。発症に伴ってみられる周辺症状や身体症状に対し、適した薬を使って症状の軽減・改善を目指していきます。

レビー小体型認知症で見られる幻視にはコリンエステラーゼ阻害薬や非定型抗精神病薬、パーキンソン症状に対しては抗パーキンソン病薬であるレボドパが有効とされています。
また、レビー小体型認知症ではレム睡眠時行動障害による暴力・暴言が認められることもあるため、クロナゼパムという抗てんかん薬が処方されることもあります。

レビー小体型認知症が発症する主なリスク要因は?

レビー小体型認知症は70代以上と高齢で発症するケースが多く、患者の男女比率は2:1。女性よりも男性に多く見られます。発症の原因については明確になっていませんが、そのほとんどは孤発性。遺伝の関与が疑われる家族性の割合は、数パーセント未満と言われています。

家族性の原因として考えられているものに、αシヌクレイン遺伝子(SNCA)というものがあります。
レビー小体型認知症の脳に見られるレビー小体の主成分は、αシヌクレインというたんぱく質。αシヌクレイン遺伝子の変異によってαシヌクレインの凝集性が高まり、レビー小体型認知症のリスクが高まると言われています。

こうしてみると分かりますが、レビー小体型認知症の発症リスクは予防が非常に難しいものです。原因がハッキリしていない以上、できるだけ発症や進行を抑えるためには、ほかの認知症と同じく食生活・運動習慣の改善を心がけることが大事。また、早期に発見できれば、適切な治療プランを立てることで妄想・うつといった精神症状や、パーキンソン症状をある程度予防することも可能です。
レビー小体型認知症は他の認知症に比べて進行速度が速いため、気になる症状がある場合はすみやかに専門医を受診してください。

おすすめ記事

脳の定期検査”サービスとは?

がん検診や人間ドックのように、脳も定期検査できるって知っていましたか?『認知症の予兆』を早期発見できる新サービスを紹介。

とっておきの認知症予防レシピ

認知症予防のためには食習慣の見直しが不可欠。毎日食べたい栄養素をたっぷり含んだ美味しいレシピを紹介します。

認知症予防Q&A

認知症は遺伝する?脳トレは認知症予防に本当に効果があるの?
気になる疑問に医師が答えます。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

【取材協力:脳活総研】

脳の“定期検査”始めよう!

-令和時代の認知症予防
「脳研」とは?-

65歳以上の4人に1人がかかると言われる認知症は、早期発見が何よりも肝心。なのに、がん検診や人間ドッグ、歯科検診に行く人は多くても、「脳」の定期検査をしている人はごくわずか。そこで今、“認知症手前の症状”をすばやく発見できる定期検査、『脳検』が注目を集めています。

今日からできる認知症予防

毎日続けたい『食事』習慣

ドクター

記事監修

日本認知症学会
名誉会員
本間 昭 医師

美味しいから続く!

とっておきの
認知症予防レシピ

  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ

疑問と不安を解消認知症予防Q&A

認知症予防にまつわる疑問や不安、質問について、医師にくわしく答えてもらいました。