「いますぐ役立つ知識」が学べる 認知症予防大学 » 認知症とは何か? 認知症の基礎知識 » 認知症の治療法
  

認知症の治療法

進化を続ける認知症治療とは

医療はさまざまな分野で進化し続けていますが、認知症の分野における治療法はどうなっているのでしょうか。
ここでは薬物療法を中心に、新薬開発や薬に頼らない非薬物療法についても解説しています。

薬による認知症治療

これまで有効な治療薬は存在しないと言われてきた認知症ですが、1999年に世界初のアルツハイマー型認知症治療薬であるドネペジルが登場。その後、ガランタミン、メマンチン、リバスチグミンが加わり、現在では4種類の認知症治療薬が用いられています。
これらは認知症を根治させるものではありませんが、認知機能の低下を遅らせる効果が期待できます。

この4種類の薬剤は、その働きによって認知機能改善薬(コリンエステラーゼ阻害薬)と神経保護薬(NMDA拮抗薬)の2系統に分けられます。

認知機能改善薬に該当するのは、ドネペジル・ガランタミン・リバスチグミンの3つ。
アルツハイマー型認知症では神経伝達物質であるアセチルコリンの減少が見られますが、認知機能改善薬はそれが分解されるのを防ぐものです。

神経保護薬に該当するのはメマンチン。
アルツハイマー型認知症の脳ではグルタミン酸の過剰分泌が見られ、それが神経細胞を傷つけると言われていますが、神経保護薬はグルタミン酸の働きを抑えて神経を守る効果が期待できます。

ちなみにこれらの薬剤が適応するのは、アルツハイマー型認知症のみ。ドネペジルに関しては、レビー小体型認知症にも適応しています。

治療薬の使い分け

認知症の症状は、中核症状と周辺症状に分けられます。

中核症状とは、脳細胞が傷つくことで人間ならではの高次脳機能が失われること。物忘れをはじめとする記憶障害、料理などを段取りよく進められなくなる遂行機能障害、着替えなどができなくなる失行といった症状が中核症状に該当します。

周辺症状とは中核症状に付随して起こる二次症状で、うつ・妄想・暴言・徘徊・不潔行為などの心理症状・行動症状が見られます。

薬物療法は、これらの症状の出方によって使い分けられるのが特徴です。
認知症治療薬であるドネペジル・ガランタミン・メマンチン・リバスチグミンは、基本的に中核症状に対して作用するもの。ただし、どの薬剤を用いるかについては症状のレベル、心理・行動症状の出方、副作用の影響などを考慮して決められます。

たとえばドネペジルは意欲低下・無関心・抑うつといった症状の改善効果があり、メマンチンには暴力・暴言といった攻撃性への改善効果が報告されています。
薬剤それぞれの特徴と、個人の心理・行動症状の傾向を見ながら使い分けていくのが、認知症における薬物療法の特徴となっています。また、周辺症状については対症療法となり、症状に合わせて漢方薬や向精神薬が用いられることもあります。

認知症の新薬開発のいま

現時点での認知症治療薬は4種類となっていますが、もっとも患者数が多いとされるアルツハイマー型認知症の根本治療を目指し、世界中で新薬の開発が進められています。
アルツハイマー型認知症の原因と考えられているのは、脳に蓄積するアミロイドβ。しかし、現在使われている4種類の薬剤はどれもアミロイドβに直接働きかけるものではありません。そのため、今後はアミロイドβの蓄積を予防したり、蓄積したアミロイドβの量を軽減するといった新薬が期待されています。

アルツハイマー型認知症の発症に関して、もっとも有力な考え方にアミロイド・カスケード仮説があり、新薬の開発はこの仮説に基づいて進められています。
この仮説は、アルツハイマー型認知症のもっとも初期の病態であるアミロイドβの蓄積を防ぐことができれば、その後に起こる神経細胞の脱落や認知機能の低下を予防できるとする考え方。新薬はこの仮説に基づき、アミロイドβを脳に蓄積させない「アミロイド免疫療法」「アミロイドβ産生抑制療法」「アミロイドβ凝集阻害療法」といった形で研究がなされており、開発過程にあります。
また、アミロイドβの生成を阻害する「セレクターゼ阻害薬」や、タウたんぱく質の神経原繊維変性を阻害する薬剤も研究されています。

これらの研究が進んで成果が出れば、将来的には認知症を根治できるかもしれません。

薬をつかわない「非薬物療法」

認知症の治療法には、薬物を使用しない非薬物療法もあります。認知症によって壊れた脳細胞を修復することは不可能ですが、残されている健康な脳細胞も存在します。非薬物療法は、その残された健康な脳細胞の機能を活性化し、認知機能や心理・行動症状の改善を目指すというものです。
非薬物療法の代表的なものには、回想法とリアリティオリエンテーションがあります。

回想法

認知症は新しい記憶を覚えていることはできませんが、古い記憶は保持されているのが特徴です。回想法とは、この古い記憶を呼び起こして再確認する、一種の心理療法となっています。

昔のアルバムを見たり、懐かしい音楽を聴いたりしながら古い記憶を引き出すことで、脳の活性化を促進。活動性や自発性が高まったり、人に話を聞いてもらえるという満足感から、うつ症状の改善・予防効果も期待できます。

リアリティオリエンテーション

リアリティオリエンテーションとは、現実見当識訓練のこと。認知症になると日時や場所が分からなくなる見当識障害が見られますが、リアリティオリエンテーションはこれを解消するための訓練です。
現在の日時や、今いる場所といったヒントを投げかけ、現実の認識を高めていくことが目的となります。

おすすめ記事

脳の定期検査”サービスとは?

がん検診や人間ドックのように、脳も定期検査できるって知っていましたか?『認知症の予兆』を早期発見できる新サービスを紹介。

とっておきの認知症予防レシピ

認知症予防のためには食習慣の見直しが不可欠。毎日食べたい栄養素をたっぷり含んだ美味しいレシピを紹介します。

認知症予防Q&A

認知症は遺伝する?脳トレは認知症予防に本当に効果があるの?
気になる疑問に医師が答えます。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

【取材協力:脳活総研】

脳の“定期検査”始めよう!

-令和時代の認知症予防
「脳研」とは?-

65歳以上の4人に1人がかかると言われる認知症は、早期発見が何よりも肝心。なのに、がん検診や人間ドッグ、歯科検診に行く人は多くても、「脳」の定期検査をしている人はごくわずか。そこで今、“認知症手前の症状”をすばやく発見できる定期検査、『脳検』が注目を集めています。

今日からできる認知症予防

毎日続けたい『食事』習慣

ドクター

記事監修

日本認知症学会
名誉会員
本間 昭 医師

美味しいから続く!

とっておきの
認知症予防レシピ

  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ

疑問と不安を解消認知症予防Q&A

認知症予防にまつわる疑問や不安、質問について、医師にくわしく答えてもらいました。