「いますぐ役立つ知識」が学べる 認知症予防大学 » 認知症とは何か? 認知症の基礎知識 » 【認知症の種類と特徴】
血管性認知症
  

【認知症の種類と特徴】
血管性認知症

血管性認知症の主な症状や
治療法とは?

血管性認知症とは、主に脳梗塞や脳出血といった血管性障害をキッカケとして発症する認知症です。
ここでは、血管性認知症の脳はどうなっている状態なのか、どのような症状が出るのか、どんな治療法があるのかについてまとめてみました。

血管性認知症は脳がどうなっている状態?

血管性認知症とは、脳血管障害をキッカケとして発症する認知症のこと。
脳血管障害とは、脳血管が詰まったり(脳梗塞)、脳の血管がやぶれる(脳出血)たりする症状で、高血圧や動脈硬化といった生活習慣病によって起こりやすくなるとされています。

血管性認知症でとくに多く見られるのは、細い血管にトラブルが発生することで起こる小血管性認知症。これは血管性認知症の大半を占めるもので、小さな梗塞が多発する多発ラクナ梗塞性認知症、広い範囲に虚血性病変(脳の一部が変化するもの)が見られるビンスワンガー病があります。
障害のある部位によって症状は異なりますが、新しい記憶は比較的保たれているのが特徴。その一方で、自発性の低下、異常行動、幻覚といった症状が現れやすくなります。

その他にも、血管性認知症には多発梗塞性認知症というものもあります。これは小さな脳梗塞が何度か積み重なって起こる認知症で、段階的に症状が進行していきます。
また、過度の血圧低下などで脳循環が低下し、機能不全を起こすことで発症する低灌流性脳血管性認知症もあります。

血管性認知症の典型的な症状は?

アルツハイマー型認知症は認知機能全般が低下するのに対し、血管性認知症は機能が部分的に低下していくのが特徴。
そのため、血管性認知症は「まだら認知症」と呼ばれることもあります。たとえば、新しいことは記憶できないのに、理解力や判断力はしっかりしている…といった具合です。

血管性認知症に見られる特有の症状は以下の通り。症状は脳血管障害の再発・感染症の合併といった要因をキッカケに、階段状にガクンガクンと進行します。

感情、欲求の抑制障害

感情をうまくコントロールできず、場違いに笑ったり・泣いたり・怒ったりする「感情失禁」を起こします。

巣症状、仮性球麻痺

脳の病巣に対応し、失語・失行・失認といった症状が現れます。また、物を飲み込んだり、言葉を発する神経が障害される仮性球麻痺も見られます。

実行機能障害

段取りを決めて、その通りに行動することができなくなります。料理ができなくなるのも、実行機能障害のひとつです。

注意障害

前頭葉の血流や代謝が低下することで、集中力が保てなくなります。間違いが増えたり、疲れやすくなるのが特徴です。

アパシー

自分から何かをするといった、意欲が低下する状態。うつ病とよく似た症状ですが、悲壮感があまり見られないのが特徴です。

血管性認知症の診断方法と治療方法は?

血管性認知症の診断基準にはいくつか種類がありますが、もっとも代表的なのが以下に挙げるNINDS-AIRENという診断基準です。
認知症が認められ、画像検査などによって脳血管障害が確認でき、その2つの関連性が明らかであることが診断の必須条件です。

  1. 認知症
    記憶障害と、見当識・注意力・言語・視覚空間認知・行動機能・運動調節・学習のうち2つ以上の認知機能障害を満たす場合。
  2. 脳血管病変
    神経学的診察にて、脳卒中の際に見られる局所徴候(片麻痺・顔面麻痺・バビンスキー徴候・感覚障害・半盲・構音障害)が見られ、CTやMRIなどの画像検査で関連する血管病変(多発大血管梗塞、重要な領域の単発梗塞、多発性の基底核や白質の広範囲な梗塞を認める場合。
  3. 上記2項目の関連(以下の1つ以上を満たす)
    (a) 明らかな脳梗塞から3ヶ月以内に認知症を発症
    (b) 認知機能の突然の低下、または認知機能障害が階段状に憎悪

血管性認知症の治療では、もっともその原因となりやすい脳梗塞の治療が第一。脳梗塞が発症して3時間以内であればrt-PA(アルテプラーゼ)という血栓溶解薬を注入することで、素早く血栓を溶かすことができます。

また、新たに血栓ができるのを防ぐ抗血小板療法や、脳の神経細胞を保護する薬剤も用いられます。発症から6時間~2週間の場合は、必要に応じて血栓溶解療法や抗血小板療法を実施。合併症や感染症の予防も行います。

発症してから2週間後以降は慢性期の治療となり、抗血小板薬や脳循環・代謝改善薬で脳機能の改善を目指します。

血管性認知症が発症する主なリスク要因は?

血管性認知症の原因となる脳血管障害は、動脈硬化によって起こりやすくなります。この動脈硬化を進行させるのが、高血圧・糖尿病・脂質異常症といった生活習慣病です。
とくに高血圧は発症リスクが高まる要因と考えられており、長期間にわたって高血圧が続いていると、認知症を引き超すラクナ梗塞・ビンスワンガー病につながるとされています。

血管性認知症の原因となる脳血管障害の中でも、とくにリスクが高いのが脳梗塞です。とくに、目立った症状のない無症候性の脳梗塞を繰り返していると、認知症のリスクが高まります。
この脳梗塞の再発と症状の進行を防ぐには、血圧管理が不可欠です。脳血管障害発症後の血圧管理基準は、発症してからの経過時間・重症度・発症前の血圧などを考慮して目標を決定。医師の指示に従い、日々の血圧管理に努めて脳梗塞の再発を防ぎます。

また、非常にまれなケースですが、遺伝性の血管性障害も存在しています。これは、19番染色体の異常によってビンスワンガー病を発症し、そこから認知症へとつながるもので、CADASIL(カダシル)と呼ばれています。
CADASILは優性遺伝であるため、1~3親等に若い年齢で認知症を発症している人が複数いるはずです。気になる人は確認してみてください。

参考文献

河野和彦 監修「ぜんぶわかる認知症の事典―4大認知症をわかりやすくビジュアル解説」(成美堂出版)(※書籍)

CADASIL研究班ホームページ(https://square.umin.ac.jp/cadasil/medical-info/diagnosis.html)

おすすめ記事

脳の定期検査”サービスとは?

がん検診や人間ドックのように、脳も定期検査できるって知っていましたか?『認知症の予兆』を早期発見できる新サービスを紹介。

とっておきの認知症予防レシピ

認知症予防のためには食習慣の見直しが不可欠。毎日食べたい栄養素をたっぷり含んだ美味しいレシピを紹介します。

認知症予防Q&A

認知症は遺伝する?脳トレは認知症予防に本当に効果があるの?
気になる疑問に医師が答えます。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

【取材協力:脳活総研】

脳の“定期検査”始めよう!

-令和時代の認知症予防
「脳研」とは?-

65歳以上の4人に1人がかかると言われる認知症は、早期発見が何よりも肝心。なのに、がん検診や人間ドッグ、歯科検診に行く人は多くても、「脳」の定期検査をしている人はごくわずか。そこで今、“認知症手前の症状”をすばやく発見できる定期検査、『脳検』が注目を集めています。

今日からできる認知症予防

毎日続けたい『食事』習慣

ドクター

記事監修

日本認知症学会
名誉会員
本間 昭 医師

美味しいから続く!

とっておきの
認知症予防レシピ

  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ

疑問と不安を解消認知症予防Q&A

認知症予防にまつわる疑問や不安、質問について、医師にくわしく答えてもらいました。