「いますぐ役立つ知識」が学べる 認知症予防大学 » 認知機能の状態を知る 「認知症検査」の種類と方法

認知機能の状態を知る
「認知症検査」の種類と方法

自分で簡単に
チェックできるものから、
医療機関で行う
認知症検査まで、さまざま。

認知機能検査と聞くと、医療機関でしか受けられないように思われますが、実は自分で簡単にチェックできるものもあります。ここでは認知機能や認知症にまつわる検査について詳しい情報をまとめましたので、基礎知識のひとつとしてぜひチェックしてください。

認知症検査の種類と方法1

早期発見につながる
『セルフチェック検査』

認知症は早期発見が何より大事と言われていますが、一般的な物忘れとの区別がなかなかつきにくいのがネック。気になる症状を加齢による物忘れと思い込み、認知症の発見が遅れてしまうこともあります。
そんなトラブルを防ぐためにも活用して欲しいのが、気軽にできるセルフチェック検査。ここでは、未病のうちから認知機能を定期検査できる「脳検」という検査方法や、東京都福祉保健局が提供しているチェックリストなどを紹介します。また、セルフチェックによって認知症の疑いがある、となった場合の相談先も紹介します。

認知症検査の種類と方法2

医療機関で受けられる
『発症リスク検査』

認知症にはさまざまな種類がありますが、多くの場合、一度発症してしまうと、脳機能を元に戻すことは難しくなります。そのため日頃からの予防が大事であると言われていますが、自分が認知症になりやすいかどうかを事前に知ることもできます。それが、認知症の発症リスク検査です。
この検査には、軽度認知障害(MCI)のリスクが高いかどうかを血液から調べるMCIスクリーニング検査、脳のエネルギー源であるブドウ糖の代謝状態をチェックするFDG-PET検査、アルツハイマー型認知症の原因とされるアミロイドβという物質の量を調べるアミロイド-PETがあります。
詳しい内容について解説していますので、参考にしてみてください。

認知症検査の種類と方法3

認知症かどうかを診る
『問診・神経心理学検査』

気になる兆候があり、認知症かもしれない…と不安になった場合、専門の医療機関で検査を受けることができます。その際に、必ず行われるのが問診と神経心理学検査です。
問診は医師の質問に答えたり、気になる症状や悩みなどを相談するためのもの。ここでの受け答えや内容は、認知症を診断するための重要な判断材料となるため、伝えたいことをしっかりと言葉にすることが大切です。
神経心理学検査とは、図形などを描く・道具を操作するといった行動から、認知機能の状態を調べるためのもの。日本では主に改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)とMMSE(ミニメンタルステート検査)が行われているので、概要を知っておきましょう。

認知症検査の種類と方法4

脳の萎縮や血流の状態を
調べる『画像検査』

認知症検査における画像検査とは、MRI・CT・SPECTといった方法で脳の状態を視覚化するものです。問診・神経心理学検査と同じく、認知症検査には欠かせないものとなっています。画像検査にはさまざまな種類がありますが、現在主流となっているのはMRI(磁気共鳴画像診断法)。X線を使わずに、鮮明な画像を撮影できるのが特徴です。
もちろんX線を用いたCTも使われており、こちらも脳の萎縮や脳血管障害の有無を調べるのに有効です。SPECTとは脳血流を調べる検査で、脳のどの部分で血流の低下が起こっているのかを知ることができます。
それぞれの検査の特徴をまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

臨床診断と病理診断の結果が
違うこともある?

医療機関で受ける認知症検査には、問診・神経心理学検査・画像検査・血液検査などがあり、それらの検査結果を総合して診断を行います。
しかし、1回の検査で認知症であると診断されることはほとんどなく、多くの場合は2回目以降の受診時に詳しい結果を聞くことになります。

ではなぜ、認知症検査には時間を要するのでしょうか。実は認知機能低下の原因にはさまざまなものがあり、CTやMRIといった画像検査だけでは分からないことも数多くあります。脳の画像と症状が一致しないことも少なくないのです。
このように臨床診断と病理診断が違うことも多いので、認知症検査にはある程度の時間が必要であることを知っておきましょう。

医療機関での受診を嫌がる
家族、どう説得する?

家族に認知症と思われる症状が見られる場合、すぐに医療機関を受診せねば…と気持ちが焦りがちです。
しかし、そんな思いとは裏腹に、医療機関での受診に抵抗を見せる人もいます。異変に気付いているのは周囲だけではありません、本人も不安を感じているのです。

拒否感を持つ人をムリに医療機関へ連れて行くのは難しいため、まずは身近なかかりつけ医に相談してみるとよいでしょう。診療科目は内科・胃腸科・形成外科など、何でも構いません。
なじみのある医師から「もの忘れ外来」について説明してもらうと、受診に前向きになってくれるケースが多くあります。

心配だからとウソをついて医療機関に連れて行ったりすると、家族への不信感につながることがあるため、慎重に話を進めるようにしてください。

参考文献

内門大丈 監修「認知症の人を理解したいと思ったとき読む本 正しい知識とやさしい寄り添い方」(大和出版)(※書籍)

おすすめ記事

脳の定期検査”サービスとは?

がん検診や人間ドックのように、脳も定期検査できるって知っていましたか?『認知症の予兆』を早期発見できる新サービスを紹介。

とっておきの認知症予防レシピ

認知症予防のためには食習慣の見直しが不可欠。毎日食べたい栄養素をたっぷり含んだ美味しいレシピを紹介します。

認知症予防Q&A

認知症は遺伝する?脳トレは認知症予防に本当に効果があるの?
気になる疑問に医師が答えます。

【取材協力:脳活総研】

脳の“定期検査”始めよう!

-令和時代の認知症予防
「脳研」とは?-

65歳以上の4人に1人がかかると言われる認知症は、早期発見が何よりも肝心。なのに、がん検診や人間ドッグ、歯科検診に行く人は多くても、「脳」の定期検査をしている人はごくわずか。そこで今、“認知症手前の症状”をすばやく発見できる定期検査、『脳検』が注目を集めています。

今日からできる認知症予防

毎日続けたい『食事』習慣

ドクター

記事監修

日本認知症学会
名誉会員
本間 昭 医師

美味しいから続く!

とっておきの
認知症予防レシピ

  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ

疑問と不安を解消認知症予防Q&A

認知症予防にまつわる疑問や不安、質問について、医師にくわしく答えてもらいました。