「いますぐ役立つ知識」が学べる 認知症予防大学 » 認知機能の状態を知る 「認知症検査」の種類と方法 » 脳の萎縮や血流の状態を調べる
「画像検査」
  

脳の萎縮や血流の状態を調べる
「画像検査」

脳の状態を様々な角度から
把握・分析するための
画像検査とは?

認知症や軽度認知障害になると、脳に何らかの異変が現れます。それを発見するために必要なのが、認知症の画像検査です。ここでは画像検査で分かることや、MRI・CT・SPECTといった検査方法ごとの特徴などをまとめています。

脳の画像検査をすると何がわかるの?

脳の画像検査は、認知症の早期発見・早期治療に欠かせない検査のひとつです。ただし、画像検査だけで認知症を診断することはできません。この検査はあくまで診断補助情報となっており、問診・神経心理学検査・身体疾患などの影響などを考慮し、総合的に判断することが重要となります。

脳の画像検査にはさまざまな種類がありますが、脳の実際の形を調べる「形態画像検査」と、脳の血流や代謝といった機能を知るための「機能画像検査」に分類されます。よく知られているCTやMRIは形態画像検査で、脳内の構造を見ることができるもの。脳がどれくらい萎縮しているか、病変がどこまで広がっているかなどを確認できます。

機能画像検査には、脳の血流を調べるSPECTや、ブドウ糖の代謝を見ることができるPET検査があります。認知症はその原因によって機能低下がみられる部分に違いがありますが、それを問診や神経心理学検査だけで判別するのは困難です。しかし、この機能画像検査を併用することで、アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症など、認知症の鑑別診断を行うことができます。

また、こういった画像検査は認知症と似ている症状がみられる病気の早期発見・早期治療にもつながります。適切な治療を受ければ改善できるケースもあるので、気になる症状がある場合は早めに受診することが大切です。

認知症画像検査の主流『MRI検査』とは?

MRI(Magnetic Resonance Imaging)とは磁気共鳴画像診断法と呼ばれるもので、特定の電磁波と磁力によって脳の形態を写し出す検査法です。CTよりも鮮明な形態画像を見ることができ、X線を使用しないため放射線被ばくの心配がないのが特徴です。ただし、手術などで体内に何らかの金属(ペースメーカー、骨折箇所を固定するボルト、入れ歯など)がある人は、熱が発生するといった危険性があるため使用できません。

MRIでは、画像によって脳の萎縮状態を確認できます。アルツハイマー型認知症は前頭葉・側頭葉・海馬、前頭側頭型認知症では前頭葉・側頭葉に萎縮が見られるため、認知症の種類を判断するのにも役立ちます。また、萎縮だけでなく脳の梗塞・出血・腫瘍といったさまざまな病変を確認できるため、慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症、クロイツフェルト・ヤコブ病、嗜銀顆粒性認知症といった疾患の判断材料ともなります。

MRIの検査時間は30分~1時間ほどとなっており、痛みや熱さなどを感じることはほとんどありません。ただし、装置から発生する大きな音に苦痛を感じる人もいます。長時間じっと寝ていられない人には不向きな検査なので、医師としっかり相談してから受けるようにしましょう。

血流の低下箇所を確認する『SPECT』とは?

SPECT(Single Photon Emission Computed Tomography)とは、単一光子放射断層撮影とも呼ばれる検査です。CTやMRIは脳の形態を調べる検査ですが、SPECTは脳の機能変化を調べるのが目的。ごく少量の放射性物質(RI:ラジオアイソトープ)が含まれた特殊な薬剤を投与して、脳の血流の状態を画像化する検査となっています。

SPECTでは3D-SSPやeZISといった画像解析ソフトを用いることで、投与された薬剤が脳のどの部位に集まっているのかを詳しく調べていきます。解析を行うと、血流の多い場所には薬剤が多く集まり、血流が低下している部分には薬剤が少ないことが分かります。このことから、脳の血流が少ない部分には何らかの機能低下が起きていると考えられます。

アルツハイマー型認知症の場合、前段階である軽度認知障害(MCI)の時期から特定部位の血流低下がみられます。その特定部位とは、側頭葉・頭頂葉・帯状回後部となります。その他のタイプの認知症にも、特徴的な血流低下のパターンが見られます。レビー小体型認知症では後頭葉、前頭側頭型認知症では前頭葉・側頭葉、脳血管性認知症では前頭葉と、血管が詰まっている部位(梗塞部位)に血流低下が現れることが多いため、SPECTは認知症のタイプを鑑別するのにも有効と言えます。

脳の形を調べる『CT検査』とは?

CTとはComputed Tomographyの略称で、コンピューター断層撮影という画像検査のひとつ。認知症の画像検査の中でも実施される頻度の多い検査で、体に照射したX線が通過した量をコンピューターで処理し、脳や体の内部を画像化するものです。ちなみにX線を多く吸収する部分は白く見え、X線をあまり吸収しない部分は黒や灰色に見えます。

CT検査では、まず画像から脳外科的疾患との鑑別を行います。脳外科的疾患とは、脳腫瘍・正常圧水頭症・慢性硬膜下血腫などです。次に脳梗塞をはじめとする脳血管障害があるかどうかをチェック、さらに脳の形や萎縮のレベルについて調べていきます。アルツハイマー型認知症は脳全体が委縮しているほか、記憶を司る海馬の萎縮も見られます。ただし、画像検査だけで認知症の診断は行いません。問診や神経心理学検査などの結果も踏まえて、総合的に診断されます。

CT検査の時間は部位にもよりますが、およそ10~20分。検査台の上に寝ているだけで受けることができ、撮影が始まると装置が回転し、あらゆる方向からX線が照射されます。近年では装置が進化し、16枚・32枚・64枚と複数の断面をスピーディーに撮影できるマルチスライスCTが多く使用されているようです。

おすすめ記事

脳の定期検査”サービスとは?

がん検診や人間ドックのように、脳も定期検査できるって知っていましたか?『認知症の予兆』を早期発見できる新サービスを紹介。

とっておきの認知症予防レシピ

認知症予防のためには食習慣の見直しが不可欠。毎日食べたい栄養素をたっぷり含んだ美味しいレシピを紹介します。

認知症予防Q&A

認知症は遺伝する?脳トレは認知症予防に本当に効果があるの?
気になる疑問に医師が答えます。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

【取材協力:脳活総研】

脳の“定期検査”始めよう!

-令和時代の認知症予防
「脳研」とは?-

65歳以上の4人に1人がかかると言われる認知症は、早期発見が何よりも肝心。なのに、がん検診や人間ドッグ、歯科検診に行く人は多くても、「脳」の定期検査をしている人はごくわずか。そこで今、“認知症手前の症状”をすばやく発見できる定期検査、『脳検』が注目を集めています。

今日からできる認知症予防

毎日続けたい『食事』習慣

ドクター

記事監修

日本認知症学会
名誉会員
本間 昭 医師

美味しいから続く!

とっておきの
認知症予防レシピ

  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ

疑問と不安を解消認知症予防Q&A

認知症予防にまつわる疑問や不安、質問について、医師にくわしく答えてもらいました。