「いますぐ役立つ知識」が学べる 認知症予防大学 » 今日からできる認知症予防 毎日続けたい『食事』習慣 » 美味しいから続く!とっておきの認知症予防レシピ » 認知症予防レシピ「黒酢はちみつレモンヨーグルト」
  
美味しいから続く!
とっておきの認知症予防レシピ

このページをSNSで共有する

黒酢はちみつレモンヨーグルト

認知症予防レシピ黒酢はちみつレモンヨーグルト

  • 糖分控えめ
  • 朝食デザート

朝の定番に★砂糖を使わなくてもしっかり甘いのがうれしい♪

こくのある甘酸っぱさがクセになる味。はちみつは血糖値の上昇が比較的ゆるやかなので、甘いものを食べたいときにおすすめの食材です。

調理時間の目安
1
(漬け時間:
約1週間)

栄養計算表(1人分)

エネルギー(kcal)
166
たんぱく質(g)
7.4
脂質(g)
6.1
炭水化物(g)
20.4
ナトリウム(mg)
98
カルシウム(mg)
246
マグネシウム(mg)
27
鉄(mg)
0.1
カロテン(µg)
7
ビタミンE(mg)
0.3
葉酸(µg)
25
ビタミンC(mg)
10
飽和脂肪酸(g)
3.66
不飽和一価(g)
1.42
不飽和多価(g)
0.21
コレステロール(mg)
24
食塩相当量(g)
0.2

材料

レモン
2個
はちみつ
1カップ
黒酢
2カップ
ヨーグルト
適量

作り方

  1. レモンは薄切りにする。
  2. 煮沸消毒した保存瓶に1とはちみつ、黒酢を加えて1週間ほど漬ける。
  3. 器にヨーグルトを盛り、2のシロップを大さじ1~2かける。

認知症予防レシピポイントメモ

甘いものが食べたい気持ちを抑えるのは難しいですよね。認知症予防の食事習慣を意識するにあたり、「糖分を摂ってはいけない」というわけでは決してありませんが、摂りすぎないよう意識したほうがいいことは間違いありません。
そこで、同じ甘味をつけるにしても、上白糖は控えて、代わりにはちみつを利用してみましょう。はちみつなら十分な甘さも出せる上に、ビタミンやミネラルも豊富。さらに、白砂糖の1/3の量で同じ甘さを出せる上、白砂糖より約40%もカロリーオフできるとされています。甘いものが食べたい気持ちも満足でき、健康にもいいのでおすすめですよ。
さらに、1961年に日本で始まった、脳卒中をはじめとする生活習慣病の疫学調査「久山町研究」(認知症の疫学調査は1985年から開始)の結果を見ると、認知症予防効果が高いと思われる食材のひとつに、乳製品が挙げられています。
朝食に、甘いジャムトーストや菓子パンを食べたくなったときは、はちみつヨーグルトに置き換えてみてはいかがでしょう。
【参考文献】老年期認知症研究会「久山町研究からみた認知症の予防」

このページをSNS で共有する

おすすめ記事

脳の定期検査”サービスとは?

がん検診や人間ドックのように、脳も定期検査できるって知っていましたか?『認知症の予兆』を早期発見できる新サービスを紹介。

とっておきの認知症予防レシピ

認知症予防のためには食習慣の見直しが不可欠。毎日食べたい栄養素をたっぷり含んだ美味しいレシピを紹介します。

認知症予防Q&A

認知症は遺伝する?脳トレは認知症予防に本当に効果があるの?
気になる疑問に医師が答えます。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

【取材協力:脳活総研】

脳の“定期検査”始めよう!

-令和時代の認知症予防
「脳研」とは?-

65歳以上の4人に1人がかかると言われる認知症は、早期発見が何よりも肝心。なのに、がん検診や人間ドッグ、歯科検診に行く人は多くても、「脳」の定期検査をしている人はごくわずか。そこで今、“認知症手前の症状”をすばやく発見できる定期検査、『脳検』が注目を集めています。

今日からできる認知症予防

毎日続けたい『食事』習慣

ドクター

記事監修

日本認知症学会
名誉会員
本間 昭 医師

美味しいから続く!

とっておきの
認知症予防レシピ

  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ

疑問と不安を解消認知症予防Q&A

認知症予防にまつわる疑問や不安、質問について、医師にくわしく答えてもらいました。