「いますぐ役立つ知識」が学べる 認知症予防大学 » 疑問と不安を解消 認知症予防Q&A » 「認知症かも…」と思ったら
何科に行けばいいですか?
  

「認知症かも…」と思ったら
何科に行けばいいですか?

まず相談に行くと良い
場所を教えてください

認知症や物忘れの症状が気になるけれど、大きな病院には色々な診療科があり、老年科、脳神経内科、精神科…と、何科にかかったらいいのかが分かりません。どこに相談に行くと良いでしょうか?

このページの回答監修医

菅原道仁医師

菅原 道仁 先生

日本脳神経外科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医
菅原脳神経外科クリニック院長
よりくわしい監修者情報>>
・菅原脳神経外科クリニック所在地:
東京都八王子市万町175-1 八王子クリニックビレッジ内
・問い合わせ電話番号:042-622-3000
菅原脳神経外科クリニック 公式HPはこちら>>

おすすめは、「もの忘れ外来」や「メモリークリニック」など、認知症に詳しい医師のいる専門医療機関を受診することです。

女性

認知症かも・・・と毎日不安です。どこに相談に行くべきでしょうか。

医者

「もの忘れ外来」「認知症外来」「メモリークリニック」といった名前の専門外来やクリニックで、認知症専門医に相談ができます。

「最近物忘れがひどくなった、病院で相談したいけど何科に行ったらいいのか分からない」という人は多いと思います。そういった人のための専門外来が、「もの忘れ外来」(または、もの忘れクリニック)です。病院によっては「メモリー外来(クリニック)」、「老年期外来」といった名称を使っていることもありますが、診療内容は基本的に同じと考えてよいでしょう。
物忘れの原因が加齢によるものなのか、脳に病気があるのか、または他の原因があるのかを診断し、患者やその家族とともに対応策を考えていく専門外来となっています。

多くのもの忘れ外来は総合病院・大学病院などに設けられていますが、すべての病院に設置されているわけではありません。
もし、どこにあるのか分からない…といった場合は、住んでいる地域の地域包括支援センターに問い合わせてみるとよいでしょう。こういった施設では、物忘れや認知症について相談できる医療機関をリストアップしているため、近隣の病院を教えてもらうことができます。
また、持病などでかかりつけ医がある場合は、その担当に相談して紹介状を書いてもらうのもひとつの手段です。

女性

付き添いでもの忘れ外来を受診する場合、病院へ行く前の心構えや必要な準備はありますか?

医者

家族のお話は重要な診断材料となります。
気になる症状や進行、服用中のお薬などの情報を、あらかじめまとめておかれると良いでしょう。

もの忘れ外来での認知症の診断には、普段の様子をよく知っている家族の話がとても参考になります。病院へ付き添う際には相談漏れや伝え漏れがないよう、以下のような事項についてあらかじめメモにまとめておくとよいでしょう。

  • 物忘れが日常生活に支障をきたしているか
  • 気になる症状はどのようなものか
  • 気になる症状にいつ頃から気がついたか
  • 症状が悪化・進行している様子はあるか
  • 病気や事故など、症状が出るキッカケと思われる出来事はあるか
  • 今までにかかったことのある病気はあるか
  • 服薬中の薬はあるか、それはいつ頃から飲んでいるか
  • 心配なことや、不安に思っていることはないか

こういった事項は問診で聞かれる内容なので、的確に答えられるようにしておきましょう。また、別疾患で他の病院にかかっている場合・薬の処方を受けている場合などは、かかりつけ医にその情報をもらっておくとよりよいでしょう。

もの忘れ外来の受診に関しては、「もしかしたら認知症と言われるかもしれない」という不安から、本人も家族も不安定になりやすいものです。できるだけ穏やかな気持ちで受診できるよう、事前にしっかり準備をしておくようにしましょう。

女性

総合病院の場合、認知症に関する相談は何科を受診するべきですか?

医者

担当医や病院によって、脳神経外科、神経内科、精神科、内科などそれぞれ違います。病院にお問い合わせを。

総合病院でも認知症の相談・検査を取り扱っていますが、何科を受診したらいいかよく分からない…という人も多いと思います。
総合病院で認知症の診療を行っているのは、一般的に神経内科、精神科、脳神経外科、心療内科などです。病院によっては高齢者を対象とした老年化という専門外来もあり、ここでも認知症について相談することができます。
受診すべき科が何科か分からない場合は、病院に問い合わせるのが一番です。

総合病院での診療を希望する場合は、まずかかりつけ医に紹介状を書いてもらいましょう。かかりつけ医がない場合は、地域の内科・心療内科・脳神経外科に相談し、紹介状を書いてもらうことになります。
「最初から総合病院へ行けばいいのでは?」と思うかもしれませんが、紹介状なしで総合病院へ行くと高額な初診費用がかかりますから、少々注意してください。
2016年4月からは、大病院(特定機能病院・一般病床500床以上の地域医療支援病院)で、紹介状なしで初診を受ける場合は5,000円以上の特別の料金を診察料とは別に支払います(緊急でやむを得ない場合を除く)。

また、認知症の診療費についてですが、こちらは検査の種類や保険の負担割合によって費用は異なります。目安としては、診察や各種検査(認知機能テスト・画像診断・血液検査など)を合わせて数千円~2万円ほどと考えておくとよいでしょう。

女性

物忘れが気になるけれど、いきなり物忘れ外来に行くのも不安・・・・・・。誰に相談すべきでしょうか。

医者

ふだんかかっている医師に症状を相談してみてください。
または、お住まいの地域の窓口に相談を。

認知症は、早期発見・早期対応が何よりも重要な症状です。しかし、「気になる症状はあるものの、いきなりもの忘れ外来を受診するのには不安がある」と思う人もいるでしょう。そういった場合は、まず普段から受診している内科・外科・整形外科・脳神経外科などのかかりつけ医に相談してみることをおすすめします。認知症について詳しい医師を紹介してもらえたり、医療機関への紹介状を書いてもらうこともできます。

もしかかりつけ医がない…といった場合は、地域の相談窓口や地域包括支援センターに相談してみるとよいでしょう。
地域によっては一定の研修を受けた医師を「物忘れ専門医」「認知症かかりつけ医」などと認定し、気軽に相談できる体制を整えています。これも地域によりますがコールセンターを設けているところもあるので、悩みや不安の相談に乗ってもらうことも可能です。

ちなみに本人が病院へ行く意思がない、行きたくないといった場合、家族だけで相談に行くこともできます。そのうえで「よいお医者さんがいるから、一緒に行ってみよう」などと誘うことで、ムリなく受診できることもありますよ。

先生の答えを聞いた質問者さんは…

早めの受診で認知症の早期発見に繋げたいです。

認知症の相談は何科にかかればいいのかよく分かりませんでしたが、もの忘れ外来という専門外来があることが分かりました。認知症は早期発見がとても大切なようなので、一度もの忘れ外来を受診して、脳の機能をチェックしてみたいと思います。

おすすめ記事

脳の定期検査”サービスとは?

がん検診や人間ドックのように、脳も定期検査できるって知っていましたか?『認知症の予兆』を早期発見できる新サービスを紹介。

とっておきの認知症予防レシピ

認知症予防のためには食習慣の見直しが不可欠。毎日食べたい栄養素をたっぷり含んだ美味しいレシピを紹介します。

認知症予防Q&A

認知症は遺伝する?脳トレは認知症予防に本当に効果があるの?
気になる疑問に医師が答えます。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

【取材協力:脳活総研】

脳の“定期検査”始めよう!

-令和時代の認知症予防
「脳研」とは?-

65歳以上の4人に1人がかかると言われる認知症は、早期発見が何よりも肝心。なのに、がん検診や人間ドッグ、歯科検診に行く人は多くても、「脳」の定期検査をしている人はごくわずか。そこで今、“認知症手前の症状”をすばやく発見できる定期検査、『脳検』が注目を集めています。

今日からできる認知症予防

毎日続けたい『食事』習慣

ドクター

記事監修

日本認知症学会
名誉会員
本間 昭 医師

美味しいから続く!

とっておきの
認知症予防レシピ

  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ

疑問と不安を解消認知症予防Q&A

認知症予防にまつわる疑問や不安、質問について、医師にくわしく答えてもらいました。