「いますぐ役立つ知識」が学べる 認知症予防大学 » 認知症の発症率を高める リスク要因まとめ » メタボと認知症
  

メタボと認知症

メタボリックシンドロームと
認知症発症リスクの関係は?

内臓脂肪型肥満をキッカケに、糖尿病・高血圧・脂質異常症といった疾患を引き起こすメタボリックシンドローム。一般的にはメタボとも呼ばれています。ここでは日本でも増え続けているメタボリックシンドロームと認知症の関係や、メタボが起こる原因、日頃から心がけたい対策法についてまとめてみました。

そもそもメタボリックシンドロームとはどんな病気?

メタボリックシンドロームは別名「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、内臓脂肪型肥満をキッカケに高血圧・糖尿病・脂質異常症となる状態です。生活習慣と密接な関係があり、食べすぎ・飲みすぎ・運動不足といった不摂生の積み重ねが原因となっているケースが多く見られます。

メタボリックシンドロームは腹部肥満を基本とし、以下の項目のうち2つ以上に該当している状態を指します。つまり、肥満に加えて高血圧・糖尿病・脂質異常症を合併している深刻な状態です。以下に挙げるのが、2005年に日本内科学会ほか8学会が合同で定めた診断基準です。

メタボリックシンドロームの診断基準(※3)

・腹腔内脂肪蓄積(ウエストサイズ):男性85㎝、女性90㎝以上
・中性脂肪値:HDLコレステロール値40mg/dl未満、中性脂肪値150mg/dl以上(いずれか、または両方)
・血圧:最高血圧130mmHg以上、最低血圧85mmHg以上(いずれか、または両方)
・血糖値:空腹時血糖値110mg/dl以上

厚生労働省の調査によると、40~74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームもしくは予備軍であると推定されています。ちなみに予備軍とは、腹部肥満+1項目に該当する人のことです。内臓脂肪型肥満の人は、たとえメタボ予備軍であっても動脈硬化が急速に進行しやすい状態。日本人の三大死亡原因は悪性新生物(がんなど)・心疾患・脳血管疾患となっていますが、そのうちの心疾患と脳血管疾患については、動脈硬化が主な原因です。

自覚症状がないからといって放置しておくと命に関わる重篤な病気につながることもあるため、基準に合致している、もしくは近い状態である場合は医療機関で検査を受けることをおすすめします。

メタボと認知症の関係

メタボと認知症は一見関連性が薄そうですが、実はメタボリックシンドロームの人はそうでない人に比べて認知症になるリスクが高いとされています。その裏付けとも言える、アジア人を対象とした研究があります。

これはシンガポール国立大学のシ ペン ン氏による研究発表です。この研究は平均年齢65歳の年齢層を対象としたと追跡調査で、2003~2009年にかけてシンガポールの5つの地域で行われました。その参加者となっているのは1,519人の男女で、そのうちの340人(22.4%)がメタボリックシンドローム、調査を開始した時点で認知機能の異常は見られませんでした。しかし、6年間の追跡調査を行った結果、参加者のうち141人が軽度認知障害(MCI)を発症。そのうちメタボリックシンドローム該当者は14%、該当しない人で発症したのは8%という結果となっています。

また、調査によるとメタボリックシンドロームはもちろんですが、他は痩せているのに腹部を中心に脂肪がついている中心性肥満、血液中の脂肪分が多い脂質異常症、血糖値が慢性的に高い2型糖尿病を持つ人は、そうでない人に比べて軽度認知障害のリスクが上昇することが分かっています。軽度認知障害の発症率は、メタボで1.46倍、中心性肥満1.41倍、脂質異常症1.48倍、2型糖尿病2.84倍となっています。この研究から、メタボリックシンドロームと軽度認知障害の関連性の深さがうかがえます。

軽度認知障害は物忘れなどの症状は見られるものの、日常生活には支障のない状態です。しかし、放っておくと本格的な認知症へと移行していく可能性が高くなっています。全身の健康はもちろん認知症を予防するためにも、メタボリックシンドロームの解消に努める必要があると言えます。

認知症予防のためにメタボが気になる人が行いたいこと

食生活の乱れ、運動不足、喫煙といった生活習慣は、メタボリックシンドロームのリスクを上昇させるもとです。メタボリックシンドロームは認知症のリスクを高める高血圧・糖尿病・脂質異常症のいずれかを合併している症状のため、メタボと診断された人はもちろん、予備軍の人も積極的に症状の改善・予防に取り組む必要があります。

メタボリックシンドロームが気になる人が認知症予防として行いたいこと、そのひとつが運動です。運動の中でも、とくにおすすめなのが有酸素運動。有酸素運動は脂肪と糖質をエネルギー源として使う運動であるため、内臓脂肪の燃焼効果が高いとされているからです。ウォーキング・ジョギング・水泳・サイクリングなど、運動の種類は何でも構いません。体調に気をつけながら1日30分、週に3~4回を目安に行うようにしましょう。

食生活については、ムリにダイエットしようとして食事を抜くのはNGです。1日3食バランスよくが基本、糖質・塩分を控えめにした和食をベースにするとよいでしょう。食材としては、ヘルシーな野菜・大豆製品・こんにゃく・海藻などでボリュームを出すと◎。また、血中のコレステロール値を下げるDHA・EPA・オレイン酸などを豊富に含む、魚やオリーブオイルを積極的に取り入れるのもおすすめです。

おすすめ記事

脳の定期検査”サービスとは?

がん検診や人間ドックのように、脳も定期検査できるって知っていましたか?『認知症の予兆』を早期発見できる新サービスを紹介。

とっておきの認知症予防レシピ

認知症予防のためには食習慣の見直しが不可欠。毎日食べたい栄養素をたっぷり含んだ美味しいレシピを紹介します。

認知症予防Q&A

認知症は遺伝する?脳トレは認知症予防に本当に効果があるの?
気になる疑問に医師が答えます。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

【取材協力:脳活総研】

脳の“定期検査”始めよう!

-令和時代の認知症予防
「脳研」とは?-

65歳以上の4人に1人がかかると言われる認知症は、早期発見が何よりも肝心。なのに、がん検診や人間ドッグ、歯科検診に行く人は多くても、「脳」の定期検査をしている人はごくわずか。そこで今、“認知症手前の症状”をすばやく発見できる定期検査、『脳検』が注目を集めています。

今日からできる認知症予防

毎日続けたい『食事』習慣

ドクター

記事監修

日本認知症学会
名誉会員
本間 昭 医師

美味しいから続く!

とっておきの
認知症予防レシピ

  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ
  • 認知症予防レシピ

疑問と不安を解消認知症予防Q&A

認知症予防にまつわる疑問や不安、質問について、医師にくわしく答えてもらいました。